ダミー
-------


つぶやき

管理人のつぶやきです。内容はメガテンに関係あったりなかったり。不定期更新

地霊テスト版について

【記2019/5/21】
久々に新種族である地霊が追加される。合体可能な種族のようなのでテスト版を作成。テスト版は★1~★5に各1体づつ地霊のダミー悪魔が入っている。ダミー悪魔のグレードは各レアの中間あたりで適当に設定したため、実際に実装される地霊のグレードによって悪魔の組み合わせは変わるので注意されたし。あくまで皮算用用。

アウラ2所感

【記2019/4/21】
多くのユーザーが待ちに待ったアウラ2がとうとう2日前に実装された。古参のユーザーは既に10層もクリアし、現在は8層に出現する強敵の攻略に四苦八苦しているようである。私も同程度の進捗具合であるが、あまり急がずにじっくり時間をかけて攻略を楽しもうと思う。それはさておき、久々の大型コンテンツの実装なので、プレイした感想でも書いてみようと思う。

雰囲気

アウラ2の全体的な雰囲気はとても良いと思う。少し不思議な感じがする世界観に、謎めいたキャラクター達や、新規追加されたBGM、ダンジョン内の通行人の会話などメガテンっぽさやRPGっぽさが感じられる。これまでのD2の雰囲気はスマホアプリっぽいライトでパリッとした感じだったが、アウラ2はとらえどころのないモヤモヤっとした感じがする。悪い意味ではない。メガテンが好きなユーザーはアウラ2の雰囲気におおむね好意的なのではなかろうか。

ストーリー

ストーリーはまだ序盤といった感じであるが、奥行きを予感させる。アウラ2のストーリーでは、主人公たちと同程度に悪魔たちにも主観や自我を持たせているとこらが良い(既存のストーリーは人間たちの小競り合いに悪魔を駆り出している感があり、悪魔たちには、あまり主観がない)。悪魔たちがストーリーに絡むことで展開の自由度が増し、また先が読めない面白さが生まれている。

キャラクター

新規キャラクターはどれも出来が良くて魅力がある。ビジュアルにもいろいろこだわりがあるのだろうし、とにかく人物設定(性格や価値観など)がよく練られているのを感じる。あのキャラはLAWで、このキャラはCHAOSでとか、いろいろ想像してしまう。メガテンおなじみのパターンではあるが、シリーズを通じて普遍的に面白い要素である。

攻略

今のところは、8層の強敵を除き、既存の手持ち悪魔で何とかなるので攻略的な要素は少なめ。ただし、次の10層が来たらもうお手上げになりそうな予感もある。今後の階層では攻略の楽しさにも期待が持てそうである。また、アウラ2では属性魔法の重要度が高くなることがほぼ明白で、これまであまり使われていなかった属性特化型の悪魔やアーキタイプにも日の目が当たりそうである。私は氷結属性が手薄だったのでホクトセイクンを育で始めた。普段とは違う悪魔を使うのはなかなか新鮮で楽しい。

総論

要するに、私はアウラ2を楽しんでいるということである。なるべく間をあけずに次の階層が追加されると嬉しい。

ガチャと合体

【記2019/4/5】
昨日、異世界召喚バージョンのシヴァが実装された。このシヴァの性能などはさておき、最近は新規の悪魔が実装されてもガチャ限定がほとんどで、合体で作れる悪魔はなかなか登場しない。最後に実装された作成可能な悪魔は・・・忘れてしまったが、ここ半年くらいは出ていないのではなかろうか。D2の初期からやっているプレイヤーなら、合体で作れる有用悪魔はほとんど手に入れてしまっているだろう。メガテンの醍醐味である合体が放置されている現在の状況は少し悲しい気もする。開発内部では、合体で作れる悪魔を単純に実装しても商売上のうまみが無いというジレンマがあるのだと推測される。それを打開するアイデアもまた開発内部で検討されていることだろう。合体とガチャがいい具合にバランスされて、D2が長く発展していくことに期待。

再開について

【記2019/3/23】
私事だがほか事に集中したいことがあったため、悪魔的合体シミュレーターのサービスをしばらく中止していた。それがすこし落ち着いたので、サービスを再開。 現在はDMCとのコラボイベントが開催されているので、新規ユーザーも増えているのではなかろうか。悪魔合体は、古参プレイヤーにとっては慣れたものだが、新規プレイヤーには難し面もある。このサイトが多少でも役に立つといいのだが。

以下は、再開にあたってサイトを変更した箇所についての意図。

最新バージョンにデータを準拠

悪魔のラインナップや保有スキル等を最新バージョン準拠で更新した。新しい悪魔が思ったよりも増えていて、情報を整理するのがなかなか大変だった。たぶん漏れはないと思う。悪魔の増加に伴って、元データ作成にかかる時間が格段に長くなっているのが懸念。どこかのタイミングで方法を変更しないといけないかもしれない。

バナー広告を廃止

サイトの維持費の足しになればと思ってバナーを設置していたが、全く収入にはつながらなかった。バナーによる収入はなんと0円である。バナーはごくまれにクリックされたようだが、購入まで至っておらず報酬は発生しなかった。いやはや、世の中そんなに甘くなかった。欲にまみれた心を浄化するがごとくバナーを削除。

コメント機能を廃止

合体検索結果の下にコメント機能があったが、ほぼ使われていないようだったので削除した。これまでにコメントを残してくれた人に申し訳ない、ということはない。なぜならコメントを残した人は一人もいなかったからである。「いやでもコメントあったじゃん?」あれらのコメントは全てサクラ(私)によるものです。有用性がないことに早くから気付いていたのだが、かなり力を入れて作った機能ので、削除するふんぎりがつかずにそのまま放置していた。サービス再開を機に、ようやく断捨離。

掲示板を追加

トップページに掲示板を追加した。気軽な伝言ツールとしての位置づけ。ものものしくならないようにシンプルなデザインで作った。もうサクラはしません。

カウンターを追加

トップページにカウンターを設置した。2019/3/23からの合体検索回数をカウントしている。設置の目的は個人的な興味。データをリアルタイム更新する仕組みを一度作ってみたかった。あと、わずかではあるが「他のユーザーとの連帯感?」を生み出す効果があるかも。

高速化

機能の追加・削除と合わせてページの軽量化と高速化を実施。スピードを計測すると10%程度の高速化となった。若干だけど体感できるレベル。

最近ジコクテン

【記2019/1/25】
これまでは、全くと言っていいほど遭遇しなかったジコクテンだが、最近は気が付くと倉庫で増殖している。 アウラはほとんどオートで回しているので、ジコクテン自体の遭遇率が上がっているのか、現在開催中の1周年イベントで四天王と遭遇した際に交渉しているのかどちらかはわからないが、明らかに仲魔になる頻度が上がっている。 今までは一年かかって4体しか仲魔にできなかったのに、イベントが始まってからは、すでに+5体仲魔になっている。
これは一体どういうことだろう。新規ユーザーに向けて悪魔育成のマゾさを少しづつ緩和しているのか。 それとも☆7実装に向けての布石なのか。ただ単に1周年のイベントだからなのか。 いろいろ憶測してしまう。
それはさておき、ジコクテンは微妙に使いみちに困る悪魔である。そのまま戦闘で使うには心もとないし、 合体素材として使うにも、欲しい☆4悪魔は既におおよそ持っている。 結局のところ使い道は、耐性継承用の悪魔などをつくる時に、少しMAGを浮かせられるといったところ。
、、、だったのだが、これだけ仲魔になる頻度が上がっているならば、もっと良い使い道があることに気付いた。
アーキ付き☆4を作ってカルマにするのである。 今はちょうど女神・破壊神のMAG割引をやっているので、ジコクテンと適当なアーキ付き☆3と合体させてセイテンタイセイ を作れば、約10万MAGでアーキ付き☆4をゲットできる。これを万魔の社で売れば300カルマ。 数少ないカルマ入手手段の中ではかなり割が良い方法だと思う。
私のところにやって来たジコクテンさんには全てカルマになっていただこう。
ジコクテンを素材にする

HOMEへ戻る